検索
この検索ボックスを閉じます。

レーザーマーキングにはどのような種類がありますか?

レーザーマーキングにはどのような種類がありますか?

レーザーマーキングにはどのような種類がありますか?

レーザーマーキング テクノロジーは現代の産業に欠かせないテクノロジーです。高精度、高効率、多様性で知られています。レーザーマーキングは、レーザービームを使用して材料の表面をエッチング、彫刻、またはマークするプロセスです。レーザーマーキングを使用して、さまざまな領域にロゴ、装飾、ロゴ、パターンを作成できます。レーザーマーキングにはさまざまな方法があり、それぞれが特定の材料や用途に合わせて設計されています。この記事では、さまざまな種類のレーザーマーキング、その仕組み、利用可能な機械の種類について詳しく説明します。

目次
レーザーマーキングの基本原理

レーザーマーキングの基本原理

さまざまなタイプについて説明する前に、まずレーザー マーキングの基本原理を理解しましょう。レーザーマーキングとは、レーザー技術を使用して部品またはワークピースの表面にマーキングを行うプロセスを指します。レーザービームが素材に当たると、そのエネルギーが素材と反応して、素材のエッチング、熱変化、色の変化を引き起こし、永久的なグラフィック、テキスト、またはコーディングマークを残します。パーツ上のこのレーザー ビームの速度、出力、焦点により、異なるレーザー プロセスが行われます。レーザーマーキングの主な原理は次のとおりです。

レーザー発生

レーザー光を生成するプロセスは通常、レーザー発生器内で行われます。レーザー発生器は、気体、固体、半導体などの活性媒体で構成され、エネルギー源(通常は電流または光)を使用してこの媒体を励起します。

レーザー光の焦点合わせ

生成されたレーザー ビームは、レーザー ビームの直径を小さくし、ビームのエネルギー密度を高めるために、光学レンズまたはミラー システムを通して集束する必要があります。焦点は、材料表面上のレーザービームの精度と強度を決定するため、レーザーマーキングの鍵となります。

材料とレーザーの相互作用

集束されたレーザービームが材料の表面を照射し、材料と相互作用します。このプロセス中、レーザーの出力、波長、および材料特性に応じて、レーザー エネルギーにより材料のエッチング、溶融、蒸発、または色の変化が発生する可能性があります。

制御と位置決め

レーザーマーキングシステムはコンピューター制御を使用して、レーザービームの正確な位置決めと移動を実現します。コンピュータは、あらかじめ決められたパターン、文字、またはマークに基づいて、レーザー光線の位置と移動経路を正確に制御します。これにより、オペレーターは細かいマーキングや彫刻を行うことができます。

レーザーマーキングにはどのような種類がありますか?

レーザーマーキングにはどのような種類がありますか?

部品製造プロセスに適したさまざまなレーザーマーキングシステムがあります。それぞれにレーザーを使用するための独自のメカニズムがあります。例えば、レーザー彫刻は素材の一部を除去することが主な用途となるため、ロゴや文字の加工に適しています。さまざまなレーザー マーキング プロセスを理解すると、どのレーザー マーキング システムがあなたの業界に最適かを判断するのに役立ちます。最も一般的なレーザーマーキングプロセスは次のとおりです。

レーザーエッチング

レーザーマーキングマシン パルスレーザービームを表面に照射してワークピースをエッチングします。レーザー エッチングは、レーザー ビームを使用して物体の表面から材料を除去し、マークやパターンを作成するプロセスです。この方法は通常、ロゴ、番号、シリアル番号、画像やテキストなどを彫刻するために使用されます。レーザー エッチングは、高エネルギーのレーザー ビームを加工物の表面に焦点を合わせることで機能します。材料はビームを吸収して熱に変換し、表面を溶かして上昇させます。その後、蒸発または酸化して、材料の表面に目に見える跡が残ります。レーザー エッチングは、ワークピースの表面に直接接触する必要がなく、高コントラストで正確なマークを生成できるため、金属、セラミック、プラスチック、ガラス、木材などの材料に一般的に使用されます。

レーザー彫刻

レーザー彫刻は、部品の製造やプロトタイピングで使用される最も一般的なマーキング方法です。レーザー彫刻は、レーザービームを使用して材料の表面の一部を除去するサブトラクティブプロセスです。材料は除去されてプラズマまたは蒸気に変わり、ヒューム排気装置によって排出されます。レーザー彫刻はエッチングに似ていますが、ワークピースの表面に美しい芸術的または装飾的なパターンを作成することに重点を置いています。パーソナライズされたギフト、ジュエリー、アートワーク、木製品、革製品などの作成によく使用されます。レーザー彫刻は、エッチングよりも材料の表面に複雑なテクスチャ、パターン、詳細を作成できるため、多くのクリエイティブな分野に最適です。

カラーレーザーマーキング

カラーレーザーマーキングは、ワークピースの表面にカラー画像やマークを作成できる比較的新しい技術です。金属やプラスチックの特定の表面部分を加熱することで、目的に応じて着色します。発泡プロセスを使用してプラスチックに色を付けることができます。このプロセスでは、ポリマーを操作して、通常は赤外線から紫外線までのさまざまな波長で色を作成します。一方、金属の着色では、処理済みまたは未処理の表面に酸化プロセスを適用します。これは、複数のレーザー ビームを使用するか、レーザー ビームの周波数と出力を調整することによって実現されます。カラーレーザーマーキングは、視覚的な魅力を高めるために、パッケージ、看板、広告、アートワークで広く使用されています。

レーザーアニール

レーザーアニーリングは、レーザービームを使用して材料の表面を加熱および冷却して、その特性と硬度を変化させるプロセスであり、通常、寸法精度が重要な製品に使用されます。これには、レーザー ビームを使用して金属表面をゆっくりと加熱および冷却することが含まれます。熱は材料表面に適用されるとき、それほど攻撃的ではありません。このプロセスにより、金属表面の温度に応じて色 (黄色、赤、または緑) が変化するきれいな黒い跡が残ります。この技術は、鉄、チタン、鋼、ステンレス鋼材料などの金属加工、特に製造において材料の強度と耐食性を向上させるために一般的に使用されています。レーザーアニールは、レーザーのエネルギー分布を正確に制御することで実現できるため、ワークピースの全体的な構造に影響を与えることなく、局所的な硬化またはアニール効果を実現できます。

レーザーカーボンマイグレーション

レーザー カーボン マイグレーションは、プラスチックおよびポリマー材料に適用されるレーザー マーキング技術です。その原理は、レーザー光線を材料の表面に集束させ、表面材料を加熱し、炭素分子を化学的に結合させ、その後、材料上に高コントラストのパターンまたはマークを生成することです。炭素移動プロセスは、大量のエネルギーを狭い領域に急速に集中させるため、より速くなります。この方法は、材料の機械的特性を損なうことなく、プラスチック表面に鮮明で長持ちするマークを作成できるため、看板、サイン、パッケージング、電子機器の製造に一般的に使用されています。

要約すると、さまざまな種類のレーザーマーキング技術がさまざまな応用分野で重要な役割を果たしています。高精度、高効率、非接触のマーキング・加工方法を提供し、さまざまな業界のニーズに応えます。

ダイレクトマーキングに使用できるその他のプロセス

ダイレクトマーキングに使用できるその他のプロセス

レーザーマーキングに加えて、さまざまな種類の材料に直接マーキングするために使用できるさまざまなプロセスがあります。これらのプロセスにはそれぞれ独自の特徴があり、さまざまな応用分野に適しています。一般的なダイレクト マーキング プロセスをいくつか示します。

サンドブラスト

サンドブラストは、表面に研磨粒子を吹き付けて材料を除去するプロセスです。ガラス、セラミック、石、金属のマーキングや装飾によく使用されます。サンドブラストは、墓石、ガラス容器、自動車ガラスなどの耐久性のあるマーキングが必要な用途で、深い彫刻と粗い表面を実現できます。

機械彫刻

機械彫刻は一般的な直接マーキングプロセスであり、通常はカッターやフライスを使用して材料の表面を切断または彫刻します。このプロセスは、金属、プラスチック、木材、石などの硬い材料に適しています。機械彫刻機は、所定のデザインやテンプレートに基づいて、材料の表面に深い溝、マーク、テキスト、または装飾パターンを作成できます。機械彫刻は精度が高く耐久性が高いという利点があり、篆刻や美術品の彫刻、装飾品の製作など深彫りが必要な用途に適しています。

インクジェットマーキング

インクジェット印刷は、インクを材料の表面に吹き付けてパターン、テキスト、画像を作成するプロセスです。インクジェット マーキングには、サーマル インクジェット マーキングとケミカル インクジェット マーキングの 2 つの主なタイプがあります。インクジェット印刷により、パッケージ、ラベル、広告、テキスト印刷用に、高解像度でカラフルな可変データ マーキングが可能になります。

電気化学エッチング

電気化学エッチングは、電解質溶液中の電流を使用して金属表面から材料を除去するプロセスです。デザインをフォトレジストに印刷し、UV光に露光して、ラミネートされたデザインを金属表面に配置することで機能します。デバイスを塩化第二鉄などのエッチング液にさらすと、露出した部分がエッチングされます。そのため、金属表面の直接マーキングや腐食に適しており、看板、ロゴ、パーツマーク、シリアルナンバーなどの製造によく使用されます。

熱転写

熱転写は、印刷されたパターンを転写紙から材料の表面に転写するプロセスです。繊維、セラミック、セラミック タイル、セラミック マグカップ、および金属表面のマーキングによく使用されます。熱転写では、感熱性インクまたはトナーを使用し、熱と圧力を使用してパターンを素材に転写します。このプロセスにより、高解像度でカラフルなマーキングが可能になり、印刷されたグラフィックスを必要とするパーソナライズや広告販促資料に適しています。

要約する

レーザーマーキングは、さまざまな用途のニーズや材料の種類に適応できる多様な技術です。さまざまな種類のレーザーマーキング方法がさまざまな分野で重要な役割を果たし、製造、看板、芸術、医療などの分野に革新的なソリューションを提供します。レーザー技術が進歩し続けるにつれて、変化するニーズや課題に対応するために、より多くの新しいレーザーマーキング方法やアプリケーションが登場することが予想されます。上記の記事を読むことで、レーザーマーキングのさまざまなプロセスをある程度理解し、次のようなレーザーマーキングマシンに関連する問題を掘り下げることができます。 レーザーマーキングマシンの応用。 AccTek Laser へのお問い合わせを歓迎します。